FXで利益を出していくには?

FXはレートの上昇によって利益となって、レートが下がることで損失になります。
ですので、シンプルに考えるとFXで勝てる確率というのは半々です。
しかし、実際に勝てる確率はどうかというと、10パーセントに満たないといわれています。
勝てる確率が低いのは、レートの動きがない状況もあることが挙げられます。
FXでは取引を繰り返すたびに徐々に負担になっていくのがポジションを持った時にかかるスプレッドなのです。
このコストは見かけは微かで大した額にならないよう見えても、主となっている短期取引の場合だと取引の回数が多い分、ちりも積もれば山となっていくのです。
そのため、一番初めの業者選びの際にスプレッドを重視しておくのはすごく大事なこととなります。
株式取引というものには自動的に税金を差し引いていく特定口座があるのに対し、FX取引では特定口座がまだないので、自分で税務署へ納税する必要があります。
しかし、計算を間違えたり、うっかり忘れたりして過失による脱税が増えています。
税率が株式と同じ程度になったFXでも特定口座制度を設けることが期待されているのです。