フィットちゃんランドセルを格安で購入するには?アウトレットや型落ち品がおすすめ?

この前、来年のラン活に向けてランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーが作っているようです。

そのため国内製造している日本メーカの製品と傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

他にも、肩ベルト部分に防犯ブザー用のDカンがついているなど背負いやすいように設計されています。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとフィットちゃんのようなランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりも進学した際に通学で定期券を入れるパスケースにしたり形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル本体のカラーが増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんも何かを寄付する場合は贈る対象が必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで自分には合わなかったなど後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場や展示会に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系やフィットちゃんなどのブランドランドセルを検討している場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメの購入時期は年末年始のタイミングです。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

人気の高い色のものだと難しいかもしれませんが、フィットちゃんランドセルはアウトレットや型落ち品もあるので少しでも安く購入したい人にはおすすめです。

参考:フィットちゃんのアウトレット・型落ちがある?【ランドセル安く買う】

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

まず、先輩ママ達が一番重要視していたのは色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるということはよくあります。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

お気に入りのままかはわかりません。

「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるということはよくあります。

最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景がまず、重要視されているのがデザインや軽さです。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?今、社会人として働く多くの人がフィットちゃんのようなランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほとんど選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

ここでいう丈夫さとは素材の質が良くて型崩れしにくいことなどです。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は入学の1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会や早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

平均購入価格は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安いものだと気持ちとしては不安に思ってしまいますよね。

実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

売り場に行く前の確認事項は入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついているか確認したいですね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?近くのスーパーや百貨店へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などで現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわかりにくいことがあり届いた時に思ったのと違うということがあるからです。

他にも、刺繍など細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。